自己破産 ギャンブルが原因では!?

自己破産 ギャンブルが原因では!?

 

自己破産 ギャンブルが原因では!?
借金の返済はこれ以上無理だという状況になってしまったら、自己破産ギャンブルが頭をよぎる方は多いでしょう。
自己破産というものには段階があります。
イメージ的に、裁判所に自己破産ギャンブルの申し立てを行い、認められると借金がチャラになると認識している方も多いと思いますが、実はそうとは限りません。つまり、自己破産ギャンブルしたからといって、全てのケースにおいて借金を清算できるとは言い切れないということです。
はじめに、裁判所に申し立てますが、これは本当に借金が返せませんというのを認めてもらう第一段階です。
これが認められると、弁護士や管財人によって所有財産を金銭に換え、債権者に分配し借金の清算を試みます。
この段階で全ての借金が清算できたらそれで良いのですが、自己破産ギャンブルしてしまうような方は所有財産だけで全ての借金を清算するのは困難だと思います。次に、残りの借金に対しての免責許可を求めます。免責許可が下りるとその借金は無くなります。しかし、免責不許可事由に該当している場合、免責許可が下りません。悪質な場合や内容が重大なケースではまず免責許可は下りないと考えて間違いないでしょう。一方で、多少の免責不許可事由に該当してはいても、事情が事情なら裁量免責が降りるケースが多いといえます。内容を確認したのちに、裁判官の判断により借金が免責されるのです。

 


いくつかある債務整理の中でも、自己破産ギャンブルは最後の砦といえます。
所有財産の大部分と引き換えに借金を清算し、それでも清算しきれない分は条件を満たしていれば免責されます。
それと引き換えに、信用情報機関には事故情報が登録されてしまいます。
これにより新規借り入れやクレジットカードの作成、場合によりますが携帯電話の契約などは一時的にできなくなります。
一生ローンを組んだりできないと言う事ではないですが、その期間は5年から10年と言われています。
これは決して短い時間ではないですよね。この、信用情報については該当する信用情報機関に本人が問い合わせれば状況を確認する事も可能です。借金が膨らみすぎてしまい、債務整理を踏み切る方も大勢います。
任意整理のように、借金の一部分を整理して返済を円滑に行うのと比較して、その全ての借金を清算できる自己破産ギャンブルはメリットが大きいですが、その分デメリットも大きなものと言えます。
とはいえ、自己破産ギャンブルすれば通常の暮らしはもうできないと思い、なかなか決断できないでいる人もおられるかもしれませんが、普通の生活を送ることはできます。
セレブのような暮らしは当然できませんが、最低限の家財道具や財産は残るため、一般的な生活を送ることはできます。

自己破産 ギャンブル

「自己破産」と聞くと多くの人は非常に暗い印象を持っています。それは、TVや新聞などのマスメディアの影響かもしれませんし、「破産」という言葉からイメージする怖ろしさなどからくるのかもしれません。
なんにせよ、そうした印象は行き過ぎであるといえます。勿論デメリットが無いわけではありませんが、自己破産ギャンブルによって怖ろしい事態に陥ることはありませんし、むしろ借金から解放されつつ普通の生活を送るのを助けるものなのです。

そうした間違ったイメージの一つに「選挙権がなくなる」というものがあります。しかしこれも全くの噂。自己破産ギャンブル後も選挙権は無くなりませんし、まして家を追い出されたり、弁護士や税理士などの特殊な職を除いては、会社をクビになることもないのです。加えてよく心配される子供への影響ですが、親の自己破産ギャンブルによって原則不利益は生じません。戸籍に傷もつきませんし、自己破産後に得たお金も自由に使うことができます。このように、想像しているより普通の生活を破産後も送ることができるのです。もちろん初めに触れたようにデメリットも存在します。例えばブラックリストへの登録です。自己破産すると信用情報機関に個人情報が登録され、これによって銀行や信販会社、消費者金融など何処であれ借り入れを行ったり、ローンを組んだりすることは一切できなくなります。
しかしこの措置も一生続くわけではありません。そうした個人情報は5年?7年の期間を経て、抹消されます。そうなると当然新たに借金をしたりローンを組んだりすることもできるようになるのです。しかし、自己破産ギャンブルによって債務者当人の借金は帳消しになりますが、連帯保証人の返済義務は無くなりません。これには細心の注意が必要です。この点を踏まえて、自己破産の手続きを行うときは連帯保証人と話し合い、慎重に決定するとよいでしょう。